<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2013.06.18 Tuesday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  •  - category(-)
  •  - -
  •  - -
  •  - スポンサードリンク

2012.04.17 Tuesday

今年は満開を見てない気がする

 今年の桜はアッという間だった気がする。
寒くてなかなか開花しなかったけど、
いったん開花すると、満開の時間はあっという間で、
散り始めたような。

sakura2012_02

sakura2012_01


 「日本の桜をいつか見てみたい」 という外国人が多いと聞く。
やっぱ特別やよね!
また来年まで楽しみにしていよう!



2012.03.25 Sunday

日本はいい国

 日本はいいところ!!
と思うことは多くある。

例えば、
「四季がある」、とか、
「食べ物が美味しい」、とか、
「人が親切で優しい」、とか、
「歴史がある」、とか、
かな。

 それから忘れてはいけないことに、
スキーを楽しむこともできれば、
海を楽しむこともできる、
そういう国なのだ。
日本人は当たり前と思っていることかもしれないけど、
実はそうでもなくて、
非常にラッキーなことなのよね。

 実は一年中夏、という国も少なくないし、
雪なんて見たことのなかったり、海に行ったことがない人が多くいる、
という国もあるだろう。
そんな中で、日本では、
海でリゾート気分を楽しんだり、
雪山に行ってスキーやスノーボードを楽しんだりすることができる。

 私も 2月に沖縄に行って、夏ほどではないにしろ、
暖かい海を楽しんできた。
それからこないだ3月にはスノーボードに行ってきた。
たった一ヶ月の間に、マリンアクティビティーとウインタースポーツを楽しんだ。

 沖縄は 4年ぶり。
DSC_0028


 スノーボードは 13年ぶり。
photo

 こんな真逆の写真が、
ブログの一回の記事にPOST できるって、
日本はいい国である、大きな要素かなぁ、と私は勝手に思っています!



2011.09.28 Wednesday

HOTEIなフォト

 そういえば、8月末に行った 渋谷パルコで開催された HOTEI 30th ショップ。
写真を撮ってきたけど、アップするのを忘れてたので、
今アップ。


 まずは東大寺ライブの衣装やね。
確か高橋靖子さんのコーディネイト(デザイン)だったかと。
東大寺ライブは行けなかったので、余計に興奮。
これはどこかの博物館にでも展示すべきやね。

2011092802


 そしてこれが、Complex 日本一心の衣装。
記憶が近くて、さらに大興奮。
真近で見ると、まるで幕末に日本に来た欧米人が着てそうな衣装w。
でもカッコいいよね〜。

2011092803

 

 それから、Hotei モデル。
ホワイトラインがクリスタルで仕上げられている、グラマラスモデル。
実際にGVツアーで使用されたものは、
バックのブラックの部分もクリスタルだったから、
これは試作品か何かなのかな?
それともステージでは使っていないもので、
レコーディングとかでは使われたのかもしれない。


2011092801


 iPhoneで撮影したので、
ブレぶれ、ピント合っていなくて失礼。。。。



2011.09.06 Tuesday

夏も終わり...

 夏も終わったなぁ、ほぼ。
今年も海に入ることはかなわず、だった。
子供達のイベントでスイカ割りの幹事を何回かやった。
学んだのは、スイカ割りやるなら、8月下旬やね。
7月にやろうと思ったら、
スイカが高くて高くてね。
8月下旬になれば、安いし、大きいし、美味しいし。

写真

 それから子供達ではスイカ割れまへん。
最後は大人の仕事やね!

 昔はあんまりスイカは好きやなかってんけど、
今年食ったスイカは美味かったなぁ。
みんなで食べると美味しいんやろうね。
また来年まで楽しみ〜。

2011.06.22 Wednesday

夏の癒し

 今年の梅雨はえらい雨が降るねー。 
ほぼ毎日雨降っている気がするなぁ。
最近は仕事のほうもあまり景気のいい話はないので、
週末は癒しを求めて、過ごしている。
そんな中から数枚アップ。

DSC_0109

 花って、実は名前も種類もほとんど知らないけど好き。
生態なんか誰かガイドしてくれへんかなぁ。
きっと面白いと思う。

DSC_0149

 ペンギンが泳ぐ姿、大好き。
空を飛べない鳥が、海の中では本当に飛んでいるよう。

DSC_0159

 亀の泳ぐ姿には、本当に癒される。
またいつか潜った時に亀に遭遇したいなぁ。

 と、たまにはこんな軽〜い、ブログ記事もよろしく。




2011.01.01 Saturday

祝!2011年

謹賀新年!

心穏やかな新年をお迎えですか。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。


Kornelius  


fuji2011

2010.12.05 Sunday

恒例の師走撮影会

 もう12月、師走!!!
こないだ年賀状を送った気がするんやけど、
もう来年の年賀状作りを始めないといけない。
そんなわけで、家族で近所を散歩しながら、
恒例の年賀状用写真撮影に行ってきた。

 その散歩中に目に止まった花。
何の花かは全くわからないんやけど、
こんな冬にも咲く花ってあるんや。

DSC_0372

 なかなか天気もよくて、暑いくらい。
いい写真が撮れたかどうかは微妙なところだけど、
一年間にいい写真が撮れる枚数って、たかだか知れている。
それがそのまま年賀状に使えるかどうかは別問題だし、
写真は奥が深い!

 最近は、どうもカメラに標準で付いているストロボが好かない。
なんか明るすぎるというか、シャープすぎて、
写真の出来上がりが興醒めしてしまう。
だから屋内でもストロボは炊かない派!
何か外付けのストロボが欲しいな。
カメラ屋さんのオーナーをやっている友人に、
いいのを聞いておこう。

 

2010.09.14 Tuesday

バーガンディ

 HOTEI のマンスリーライブグッズのTシャツが届いた。
代引きだったんだけど、
自分が不在の時に、奥さんが代わりに払って、受け取ってくれていた。
「なんで私がHOTEIグッズのお金払わなきゃいけないのよッ!」
ってご機嫌斜め。
帰宅後、玄関で靴も脱がせてもらえないまま、
お金を返すことに。

gdt

 このTシャツ、カッコいい。
プライベートでもこの手の色は持っていなかったし、
ライブの時じゃなくても、普段でも着れるでしょ。
この色、"バーガンディ"っていうらしい。
初めて聞いた。
楽天カラー、というか、早稲田カラー、といってもらったほうが分かりやすい。
街中で見かけたら、声をかけてください。

 そして、マンスリーライブ。
9月は行けそうにないけど、10月はチケット先行予約した。
楽しみ。


2010.08.24 Tuesday

横田基地

 米軍基地問題で沖縄なんかが取り上げられているが、
実は東京西部〜神奈川エリアにも、米軍基地は点在している。
大規模なところでも、横田基地、座間、厚木、相模原、横須賀、とある。
他にも、米軍専用ゴルフ場があったりするし、
たまに軍用機のエンジン音がうるさく、TVの音が聞こえない、ということもあるし、
米軍の車両を一般道で見かけることも少なくない。
そんなこんなで、実は東京や神奈川エリアでも米軍とは共存しているわけだが、
今回は、米軍横田基地の友好祭に行ってきた。

DSC_0266

 名目としては、地元の人たちと米軍の交流となっているが、
遠方からの観光客も多い。
近隣には駐車場が無く、この友好祭のときだけ、
商店や一般世帯までもが、敷地内に2000〜3000円で駐車を受け入れ、
ひと稼ぎしている。
私も仕方が無く、近隣のとあるクリニックの駐車場に止めた。
普段は患者用の駐車場を、
友好祭期間は、看護士が駐車場に机を構えて、
臨時駐車場として活用しているみたいだ。
お金を払って、カギを預けると、
「どうぞ楽しんで来てください」 と、言ってくれた。

DSC_0265  

 横田基地に限らず、米軍基地に立ち入るのは初めての経験。
さすが、中に一歩入るだけで、日本とは異空間。
建物の作りがアメリカっぽいし、
道路の脇や建物と建物の間のスペースには必ず芝生が敷き詰められている。
入場にはパスポートが必要ということだったので、
準備していったが、私達家族は子供連れということもあってか、
ノーチェックで入場できた。
ランダムでIDのチェックや荷物検査や金属探知機による検査をされている人もいた。

 飛行場なので、とにかく広いの一言。
そこに何百という屋台や模擬店があり、ロックコンサートがあり、
我々が訪れた時間帯は、飛行機からパラシュートで兵隊が落下してくるという、
デモンストレーションもしていた。
それから軍用機が何十機か並べられていたが、
目で見るより、とにかく遠くて、全て見ることはとてもではないが、できなかった。

DSC_0263

DSC_0247

 海を見るのと同じで、なぜか飛行機を見るとテンションがあがってしまう自分。
伊丹空港でも飛行機の離発着を何時間でも見ていたこともあったくらい。
ここでは軍用機を目の前に見る、という貴重な経験をして、少し興奮した。
もちろん、これらが実際に活躍することがあってはならないし、
カッコいいだけでは済まされない、殺人兵器であることを、十分に理解する必要はある。
実際に、朝鮮戦争やベトナム戦争では、
ここ横田基地からも爆撃機や補給機が出動したらしい。

 友好祭というなごやかな雰囲気ではあったが、
飛行場だから、コンクリートの上で、日陰もないわけで、
とにかく暑かった。
もう少し涼しい時期に開催すればいいのに、と思う。
そして佐世保バーガーを食べ、
いかにも"アメリカ"、というステーキを食べた。
これが、不味くて美味い!!!
そりゃ肉は和牛が美味いんだけど、
このグレイビーがかけられた、肉臭い肉。私は実は和牛より好き。
付け合せのパンも、機内食で出てくるようなあのパサパサの粉っぽいパン。
これが美味いのよなー、伝わるでしょうか。
(※名誉のために言うと、写真に写っている缶ビールは、妻が飲んだものです)

DSC_0256

 暑さもあり、長居はできなかったけど、非日常を味わえた。
午後から夕方にかけて行ったが、もっと日が暮れてから行ったほうがいいね。
それから子供達が小学生くらいになったら、
横田基地のアメリカ人家族にホームステイをさせようと企てている。
数日滞在しただけで英語が話せるようになるわけではないし、
あくまで場慣れと経験を積むことと、刺激を得るだけではあるけど、
頑張って海外へホームステイさせるのは、資金的にもムリがあるし、
小さいうちはそこまで張り切る必要はないと思うしね。
だからといって、駅前の子供用英会話スクールとかも、どうかと思うし。
子供達にはなるべくホンモノを味わってもらおうと思う、
親がお金を出して上げられる範囲でね。

 車を止めた、近隣のクリニックの駐車場に帰った。
そこまでの道も人が多くて、なんとか辿り着いた感じ。
そして預けたカギを受け取ると、
「どうもありがとうございました。お大事に〜。」 って、
いやいや、それはオカシイでしょ!?


2010.08.23 Monday

WE CAN CLIMB (番外編)

 無事終えた富士登山。
でも登山の難しいところは、頂上へ辿り着いたこと自体は、
ゴールでも何でもない!っていうところ。
マラソンであればゴールが最終目的地だけど、
登山のゴールは下山したところ。
つまり頂上という、感動や喜びの MAX POINT は、ただの折り返し地点でしかない。

 富士登山も当然のことながら、
頂上への到達の喜びや、ご来光という感動を味わった後、
登り以上に過酷な下山が待っていた!
確かに登りは一歩一歩、息が上がっていくし、汗もしたたり落ちる。
でも頂上へ行きたい、ご来光が見たい、というモチベーションが、
その辛さを緩和してくれる。
今回の下山ルートは、単調で急勾配な下山。
何を楽しみに、励みにして下山すればいいのか、
気持ちの整理をつけることができないまま、
ただひたすら、ひざの痛みを堪えながら、降りるだけ。

DSC_0240

 この下山の辛ささえ克服できれば、
何度でも登ってみたい富士山。
もう二度と登りたくないっていう人の多くは、
この下山の苦しみを味わいたくないことが理由だろう。
もうひざが痛くて、ひざが痛くて、
たまにある登り坂が嬉しくて仕方が無かったくらい、下り坂はひざに負担が大きいことを知った。

 まー、何とか無事下山できたわけだが、
富士登山の3大苦痛は、1) 高山病 2) 山小屋 3) 下山。
この中で一番耐え難いのは、3) 下山 ですわ。

 車で自宅まで帰り、一時間だけ寝て、
子供達を保育園に迎えにいった。
少しの段を歩くのが膝に響く響く。
富士山の下山ルートで膝をかばいながら歩いている姿はアリとして、
東京の街中で、膝をかばいながら歩いている30代の男って、
周りから見たらおかしいでしょ。
太ももやふくらはぎの筋肉痛なんて、むしろ気持ちいいくらい。
保育園に行ったら、ある保育士が、「富士山どうでしたか?」と聞いてきた。
「どう見ても辛そうでしょ?俺」 って言いたかったが、
「いやーきれいでしたよー」 なんて無難な答えを出してしまった自分が面白くなくて、情けない。

 その日の夜、両膝にシップをして寝たら、翌朝、随分良くなっていた。
膝の回復は早いのかなぁ。とりあえず良かった良かった。
でも一週間が経とうとしているけど、結構身体の奥底に疲れは残っているのかもしれない。
膝の痛みや筋肉痛は早く回復したが、夜になるとやたら眠くなる。
しばらくは体調回復に努めよう。

 またいつか富士山に登ってみたい気はあるが、
次の最大の課題は、下山をどう乗り切るか。
膝サポーターを準備するのが一番現実的のように思うが、
膝って鍛えることが出来るのかな?
ジョギングや筋トレで鍛えれるような気はしないしね。
何か知恵のある方は是非お知らせください。

 ハイブリッドとは、WIKIPEDIAによると、「二つ(またはそれ以上)の異質のものを組み合わせ一つの目的を成すもの」を意味する。 これからの残り半分の人生、上機嫌にハイブリッドに生きていこうと宣言するブログ!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代の生き方へ にほんブログ村 IT技術ブログへ


www.flickr.com
Kornelius PhotoStyle's items Go to Kornelius PhotoStyle's photostream

ENTRY TITLE
CATEGORY
ARCHIVE
Twitter ブログパーツ


COMMENT
TRACKBACK
RECOMMEND
太陽のメロディー
太陽のメロディー (JUGEMレビュー »)
今井美樹×小渕健太郎 with 布袋寅泰+黒田俊介
ABOUT
FEED


(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.