<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2013.06.18 Tuesday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  •  - category(-)
  •  - -
  •  - -
  •  - スポンサードリンク

2013.06.18 Tuesday

ディズニーランド好きな人の気持ちが分かった

 こないだ、10年近くぶりにディズニーランドへ行ってきた。
実はあんまり、ディズニーのキャラも、ディズニーランドも好きとは言いがたく、
ユニバーサルスタジオのほうが好きやった。

 でもこないだ行って、ディズニーが好きになる気持ちが分かったし、
初めて、また来たい!って思った。

 10年近く前に行った時は、自分もまだ若く、
絶叫系というのか、
要はスペースマウンテンやら、スプラッシュマウンテンやら、
ビッグサンダーマウンテンやらを乗って、それを楽しもうと思っていた。
そりゃあもう、1時間くらいは軽く待つわけで。
でもその乗り物も、
他の遊園地の看板になっているような絶叫系に比べれば大したことはなく、
なので、あまりディズニーランドが楽しいとは思えなかった。
パレードもショウにも興味はなかったし、
ご飯も高いわ、美味しくないわ、でね。

 でもこないだ行った時は、私も子連れの親となっているわけで、
楽しみ方が完全に変わった。
最初から、スペースマウンテンやらは乗るつもりはなかったし、
子供の好きそうな、乗りたいというものを、順番に子供ペースで回っていった。
でも、これぞディズニーの楽しみ方と思った。

 ジャングルクルーズや、マークトゥエイン号、ウェスタンリバー鉄道、
メリーゴーランドみたいなやつとか、極めつけはやっぱ、
イッツアスモールワールド!!!

なんか夢があるし、非現実を味わえるし、
イッツアスモールワールドなんて、ちょっと泣きかけたわw

 ごはんは、
ポリネシアンテラス・レストラン、というところに、
偶然キャンセルが出たとやらで入れて、
まぁ大人一人 4000円もするんやけどね、
ちょっとしたショーを見ながら食事する、という優雅な時間。
ミッキーやら、ミニーやら、スティッチ?、やらが、
各テーブルを周って、写真を撮ってくれるというサービスぶり。

 ディズニー無関心のオレも、ミッキーと写真撮れるって言うときは、
ちょっと興奮したわw
この写真を年賀状にしたいと思う、その気持ちも分かったよw

 まぁそんなこんなで、
ド平日でもババ混みだったディズニーランド。
子連れなら、年一回くらい行ってもいいかなぁ〜と思った。


JUGEMテーマ:東京ディズニーリゾート(TDR) 

2013.06.09 Sunday

なぜ走る?

 最近、大して長い距離は走っていないんやけど、
トレイルやリレーマラソンに出たりして、
ちょっとチャレンジングなことをしている。

 よく周りの人達から聞かれるんやけど、
「なぜ走るの?」、「マラソンって楽しい?」、「真似できないなぁ」とか。。。

自分でもなんでやろなぁ〜とか思ったので、
ちょっと考えてみた。

楽しいには違いないんやけど、
じゃあいったい、どう楽しいのか?ってとこやよね!!

ひとつは、
一人でいられることの楽しさ、かな。
もちろん仲間と走るのも楽しいし、大会などで沿道の応援やスタッフの方のお声カケは嬉しい!
でもね、一人であれこれ考えたりする時間って、
普段なかなかないしね。
爆音で音楽聴くことも、通勤電車ではできないし、家族で家にいたりしてもできないでしょ。
夜中に爆音で音楽聴きながら一人でドライブするのって、何か楽しいでしょ?
あれと同じ感覚やと思うな〜。
音楽じゃなくてもええんよね別に、
走っている時に、結構いろんなこと考えて、面白いこと思いついたりもするし。

それからふたつめは、
人間として動物としての嗅覚を使う、ってところ。
「季節を楽しむ」というとちょっとキレイすぎるけど、
雨上がりのニオイとか、草花のニオイとかはもちろん、
「ここを曲がれば、あそこの道に出る近道なんじゃない?」、
とか、
「変なところに迷い込んだけど、どうやって脱出できるやろか」、
とか、
「こんなところまで走ってきてしまったけど、家まで帰れるやろか」、
とか、
「お金持ってきてないけど、水分補給をどうしようか」、
とかね。
サバイバルな感覚やね。
もちろん本当の意味での過酷なサバイバルではないけど、
日常にこういったプチスリルを味わっておかないと、
いざという時の判断力だったり、生命力だったりに差が出ると思うのよね。
個人的にカヤックや登山をしていると、
どこかで危険なシーンに出会うかもしれないから、
そういったときに備えて、普段から嗅覚を磨いておきたい!

最後にみっつめ、
やはり体力や健康面やね。
おかげさまで、ずいぶん体調は良くなったと思う。
風邪を引くことは少なくなったし、
2年連続で健康診断オールA!!!
仕事場のオフィスの階段をあがると、結構きついけど、
体を動かすと、やっぱり気持ちがいいし、心地よい疲れのお陰で夜も良く眠れる。
早起きしてランニングすると、
一日がとっても有意義に、得した気分にもなれる。

ちょっと違うかもしれないけど、
体調管理のために、
深酒で二日酔いして、一日を無駄にするようなことをすごく嫌うようになった。
だからお酒は飲み過ぎないようになった。
それもこれも、
体調が万全で、一日を有意義に使える喜びを、マラソンに教えてもらったと思う。

そんなところですが、
皆さんはいかがでしょうか?





2013.04.21 Sunday

マラソンを始める方々へ

 日常的にランニングを始めて、かれこれ2年近くなってきた。
といっても、週に2回程度やし、距離も7〜8キロ程度。
東京マラソン出場直前は、10キロを週3回くらい走ってたので、
それに比べれば走りこんではいないけど、
なんというか、ランニングがちょっとしたライフワークになりつつあるかな。
大げさやけどww

 最近、ランニングを始めようとする人から、
相談を受けることがある。
もちろん私は偉そうにアドバイスできる立場ではないけど、
でもマラソンや運動からほど遠い生活をしている人からすれば、
いきなり本格的なアドバイスをされても気が引けるんだろうし、
リアルな体験談や、
実際走れるの?走れないの?という切実な話のほうが、
彼らは求めているに違いないワケで。。。

そんなこんなで、私なりの、マラソン始めた方々へのアドバイスを少々書かせてもらう。

 ランニングを始めた人それぞれの目標がある。
フルマラソン出場にチェレンジしたい人、10キロのダイエットをしたい人。
距離や体重の数字は人それぞれでも、だいたいこのような2つを目標にする人がほとんど。
いずれにせよ、私は、"10km を 60分 で走ること!" を目指せばOKと、
シンプルな目標をオススメしている。

 フルマラソン完走の目標にしても、ダイエットの目標にしても、
この10km60分を実現することが全て!
と確信している。
10km60分を、1ヶ月程度で実現してしまう人もいれば、
3ヶ月以上かかってしまう人もいると思うんだけど、
それはそれでご自分のペースでいいのではないかと思う。
達成してもサボれば、すぐにこの距離と時間は実現できなくなってしまう。
これをキープしつづけるのも、ビギナーにとっては簡単なことではない。

 10km60分で走ることを数ヶ月も続ければ、
たいていは 5kg くらいは痩せると思う。
よっぽど不摂生しなければね。
10km60分で走ることを数ヶ月も続ければ、
ハーフマラソンは 2時間程度でクリアできる走力はついているはず。

 ここまで来れば、あとはご自身のそれぞれの目標に沿って、
走り続けて行くだけ!
10km60分 をクリアできない方は、
申し訳ないが、フルマラソン完走も、10キロダイエットも、
なかなか難しいのではないかと思う。

 ダイエットに関しては、何もランニングだけが方法ではないので、
他のダイエット法を試すことがいいんだろうけど、
ただ一番健康的で効率的なダイエット法は、なんだかんだでランニングだと思うが。。。

 お腹周りが気になりだした、30代〜40代のランニングを始めた方は、
体が元気な方が多いので、
タイムをすごく気にする。
タイムをあげるために、負荷をかけたランニングをする人が多い。
いきなり 1キロ5分ペースとか、
インターバルとかね。

 その方法が間違っているとは言わないけど、
膝など足腰を故障することが予想される。
なので、まずはタイムは一切気にせず、
なるべく長い距離を走ることを強くオススメする。
タイムはね、体重が減ればおのずと早くなるもの。
体重が減れば、走れる距離も伸びるし、
さらに体重が減ってタイムが上がる!
という好循環が期待できる。

 初心者がいきなり 1km5分ペースで走るとなると、
恐らく 3km が限界かと思う。
それもかなりシンドイ。
私もそうだが、走りはじめの 3km はとてもしんどくペースも安定しないもの。
でも 3〜5km を越えたあたりから、
体が軽くなり、いくらでも走れるような感覚(錯覚ともいえるw)と、
気持ちよさを体験できる。

 つまり ハイペースで3km しか走らない人は、
その気持ち良さ、いくらでも走れそうな感覚を体験しないまま、
マラソンはシンドイものだ、と決めつけてしまうことになり、
マラソンは苦手という印象になって、長続きしなくなってしまう。

 なので、最初の3kmなんてタイムなど気にせず、
なるべく体力を使わない走り方で騙し騙し走り過ごしてしまうことが大事!
その後に来る、体の楽さや、気持ちよさを味わうことが大事!
だと思うのです。
そこまで行けば、あとは少しの頑張りで10kmは走ることができる。
歩いても止まってもいいと思う。
まずはなるべく長い距離(できれば10km)を動き続ける体を作ることが先決だと思う。

 あとそれから、シューズ選びのアドバイスを求められるが、
これが何より答えるのが難しい (T_T)。
お店に行って、履きやすく自分にあったものを選ぶべし、なのだが、
なにせ初心者にとっては、何が自分に合うのか、よく分からん。
私も分からんかったし、今もよく分からない。
専門家に足の形を計ってもらって、オーダーメイドとかできればいいが、
コストがかかってしまうし、大げさすぎる。

 なので、よく分からなければ、
デザインが気に入ったもの、セールなどでお買い得になっているものを選べばいい!
デザインが気に入れば、人間という動物は、はきたくなるもの。
走るモチベーションになる。
値段が安ければ、あまりプレッシャーにはならない。
1足1万円が相場だと言われるが、セールになっていれば、5000円程度で手に入る。
そういうものでいいと思いますよ!

 私は SAUCANY のランニングシューズを選びました。
はき心地が良くて、軽くて、初心者にはいいと思いました。
ABCマートに行けば実物ありますよ。
NIKE や アシックス は、はいている人めっちゃ多いしね。
これなら、大会に行ってもあまり見かけないし、
ちょっとだけ人とは違う嬉しさも味わえます。



 あと、ランニングシューズに限らずですが、
レディースのほうがカッコいいのよねw
これ色いいな、と思うと、レディースのことが多い。
個人の好みによりけりだけど、
女性のランナーも増えているし、各メーカーも、女性用を充実させているんやろうね。


NIKE って他のメーカより結構セール品が多いし、
初めての一足にはいいよね。
NIKE ならどの店でもあるし、
はき心地がなんかちょっと独特でもあるので、
試し履きは必須かな。

てなワケで、
皆さんのランニングライフが充実するために、
少しずつマラソンについても、
ブログに書いていこうと思います!!


2013.04.14 Sunday

カヤック進水式

こないだ購入したカヤックの進水式へ!
場所は、富士五湖のひとつ西湖!


photo

購入したのは、フジタカヌーのアルピナ2 430 Ex。

基本的に、家にカヤックを置くスペースなんかないので、
必然的にフォールディングカヤック(組み立て式のカヤック)に絞られ、
となると、
ほとんどは、フジタカヌーか、ARFEQ で迷うらしいんやけど、
カヤックに詳しい友人の強い勧めで、フジタカヌーのアルピナにした!

ポイントは、
作りもしっかりしていて、
日本製ということでアフターのメンテナンスもきめ細かく対応してくれ、
デッキのカラーやデザインも、お金さえ出せば、希望に近いものを作ってくれる!
という点。

せっかくなので、デザインをオーダーして購入。
と言っても色んな方がブログにアップしているのを参考にして!
色のイメージは、
ニュージーランドの南島で、雄大な山々を見ながらカヤックしているような感じに!
そんなカヤックをどこかで見かけたら、お声掛けくださいw

考えれば考えるほど、単色にしたほうがカッコええ!と思ったけどね、
ちょっとこだわった風にしてみた。


2012.04.16 Monday

今一度よーく考えよう!!

 いよいよ原発が再稼動されようとしている。
なぜ電力会社も、政治家も、こぞって原発を動かしたがるのかが理解できない。
よっぽど儲かるのか、票が取れるのか、、、。
いずれにせよ、もう一度、よーく現状を見ておきたい、と強く思い、
今日はブログに書こうと思う。

 震災から、それから原発事故から1年が過ぎ、
いくつかの事実が明らかになってきた。
最近、多くの方面から聞くのが、
とにかく今回の福島の事故は、偶然が重なって、
非常に危機一髪のところで被害が食い止められた!
ということだ。
これは何も楽観視した意見を言っているのではなく、
とにかくひとつ間違えていたら、
東京を含めた東日本、いや日本全国が、
壊滅していた可能性があるということだ!
この事実をまず無視してはいけない。

 いまだに 4号機は非常に危ない状況になるという。
これが何らかの原因で爆発でも起こせば、
間違いなく東京を含めた東日本はアウト!なんやろうね。
この4号機を安定させるまでには 10年以上かかるという。
これまた信じられない事実。

 ニュースや新聞の報道、
毎日のように集まってくる SNS上での情報の中から、
反対派、推進派、楽観派、慎重派、
いろんな人の意見を自分なりに噛み砕いたが、
どう考えても、あの机上のテストだけで、
安全といえるワケがない。
イコール、再稼動なんてありえないのだ。
今すぐにでも安定冷却、そして廃炉へ向けて、
日本が国をあげて舵を切っていかなければならないと思うのだが。。。
この考えは間違っているのかなぁ。。

 福井の原発がもし同様の事故を起こしたとしたら、
琵琶湖は完全アウトでしょ?
ということは大阪の水道はほぼ全面的に使えない、
ということになるよね。
それほどのリスクを、政府も、自治体も、
そして関電も負えるのか? はなはだ疑問だ。

 ストレステストでいくら設備の安全性が唄われてもね〜、
結局電力会社と政府の危機管理能力が低いままだと、
安全なんて言えない!
何かが起これば社長自ら、大臣自ら、
現場で陣頭指揮を執るくらいの危機管理体制を敷くならまだしも、
現場で命を懸けて働くのは従業員や、
はたまた下請け会社の方々とかなんでしょ。
それはありえないよね〜。

 とにかく、再稼動をするにしても課題が多すぎ。
今年の夏の電力は確かに心配ではあるけれど、
再稼動は時期尚早であることは間違いない!
国民を含めて、よーく今一度、考えてみませんか!






2012.02.24 Friday

2月バタバタ。。。

tm1 

いよいよ東京マラソン本番を迎える。
東京ビッグサイトで出走手続きをしてきた。
これまで十分トレーニングを積んだ、とは言いがたいけど、
限られた時間と、モチベーションの中では、
まずまず頑張れたと思う。

とにかく苦しいだけだともったいないので、
存分に楽しんでこようと思う。


話は変わって、
悩んで悩んで購入した HOTEI MEMORIAL SUPERBOX。
置き場所に少々困っているけど、
色々あった中で、自分へのご褒美として買いました。
ほとんど持っているねんけどね、
これはこれで保存用やね。
自分の子孫へ残す、という意味合いもあってね。

  DSC_0001_R


それから、
「原発の是非を問う都民投票」条例制定を請求する署名集めも、
どうやら 35万票近く集まったようだ。
今後は 4月に本提出をして、
GW前に審査結果が発表される。
GW明けて本請求が行われ、
5月中には都知事の意見書をつけて都議会へ提出されるらしい。

今後、この民意をどのように議会で扱われるか、
とても興味深い。
しっかり注目していかなければいけない!


2012.02.09 Thursday

まだまだ足りない

 
 こないだ、宮城県山元町へ災害支援のボランティアへ行ってきた。
石巻や南三陸はよくメディアでも取り上げられているけど、
山元町はあまり聞かなかったかなぁ。
そういう訳もあってか、
他の地域の復興支援も少し遅れているようにも思えた。

 山元町は、宮城県の南部で福島県に接している。
関東在住の人であれば、イチゴの産地として「山元町」の名前は目にしたことがあるかもしれないが、
山元町の沿岸沿いはずっとイチゴ畑となっている。
3月11日の津波によって、沿岸部は壊滅状態となっており、
家屋の全壊は2000棟を越え、半数が流出してしまっている。
また死者も600人を越えており、
被害の非常に大きな地域である。
美しいイチゴ畑のはずが、
いまや瓦礫が積まれた山が連なっている。。。


 その沿岸部のとある区画で、側溝堀りをやってきた。
よりによって、私が行った日は前日から雪が降っており、
比較的宮城県の中でも積雪が少ない山元町でも、
10cm程度、雪が積もっていた。
そんな中での側溝堀りはなかなか難しい作業であったが、
凍っている土を何とか掻き出し、
津波によって泥土で詰まった側溝を掃除していく。
土だけではなく、
CDの破片やキャッシュカード、子供のおもちゃなども出てきて、
なんとも切ない気持ちになる。


 大人20人くらいで、一日かけて掃除できた側溝は 50mにも満たない。
山元町、いや東北の沿岸部でどれだけの距離の側溝があるのか。
まだ土砂で埋まっている側溝がどれだけあるのか。
まだまだ人が足りないよなぁ。

 あれからもう1年が経とうとしているのに、
まだこのような状況。
復興なんて程遠くも感じるけど、
少しずつでも前に進むしかないし、
ほんの微力ではあるけれど、
力になれればと思っている。



 これはまた現地へ行くしかないね。
義援金や行政による制度整備ももちろん大事だけれども、
現地で手足を動かす作業も必要で、そこからのボトムアップも大事。
長きに渡るかもしれないけど、
多くの人が少しずつやれば、塵も積もれば山となる、
という訳で、
これからも機会があれば、現地へ行ってお手伝いをしたいと思っている。


ーーーーーーーーーーーーー
2011年7月に宮城県東松島市へボランティアへ行った際のブログ記事
ーーーーーーーーーーーーー

2012.01.10 Tuesday

みんなで決めよう

 原発の問題ですが、
今、私の中でHOTなお話が、「住民投票」!!!
原発の存在、稼動をするかどうかに関しては、
今の首相や内閣、政治家や東電が決めるのではなく、
住民投票で決めませんか?!
というものである。

 「原発の是非を問う都民投票」条例を制定し、
都民投票を実施するよう都知事に求めるための署名を集めており、
私は署名を集めることができる「受任者」に登録した。
この署名は東京都に住む有権者のみが可能で、
50分の1、東京都の場合は 22万筆を集める必要があり、
署名期間が残すところ、あと一ヶ月になった。

 よく駅前で行われている署名活動などは、
代筆が可能だったり、有権者でなくても署名できたりするが、
この条例制定を直接請求する署名は、
受任者のみ署名を集めることができることになっており、
代筆が基本NGだったりと、
少々規則も多いのだが、
何とか 22万筆を集めるための力になりたいと思い、
受任者に登録した。

 受任者登録自体は簡単。
興味のある方は是非、受任者に登録して、
ご自分の家族や知り合いだけでもいいと思うので、
署名集めにご協力いただければと思う。
こちらにリンクを貼っておきます。



 実はこの条例制定を要求する署名は、
東京都と大阪市で行われており、
大阪市はすでに 50分の1 となる 42670筆が集まったようだ。
なぜ、東京都と大阪市かというと、
実は東京電力と関西電力の大株主なのだ。
もっといえば、東京都民と大阪市民は、間接的に株主なのである。
東京電力も関西電力も、世論の声に耳を傾けなくても、
株主の意見には耳を傾けざるを得ない。
大阪市は関西電力の筆頭株主でもあり、
橋下市長は株主として、原発稼動の問題に関しても、
大きく関与していくと表明している。

 ただ署名が集まったとしても、
住民投票が必ず実施されるわけではない。
知事や市長、議会が承認しなければならず、
仮に住民投票が実現されたとしても、
原発賛成という結果が出る可能性ももちろんある。
またその結果が電力会社に強制力を持つわけでもない。
だが、住民の意思を明確に伝えることができる有効な手段でもあり、
どういう結果になるにせよ、
住民がこの問題に積極的に関与し、
議論を深めるにはとてもいい機会になると思っている。
 
 というわけで、
自分達の未来がどうなるのか、
いや子供達の将来がどうなるのか、
について、
これからも意識を高く持って行きたいと思う。


2011.12.31 Saturday

2011年、ありがとうございました!!

  ‎2011年、お疲れ様でした。
今年はたくさんの人との出会いがあり、
色んなことに挑戦できたという意味では、
これまでの人生の中でも一番刺激的な一年だったと思います。

一方で、3月に東日本大震災があり、
いまだ不安で先の見えない生活を続けている方もたくさんいらっしゃいます。
私に出来ることは極々限られていますが、
機会があれば宮城や岩手、福島へ足を運ぶことはもちろん、
とにかく関心を持ち続けること、風化させないこと、
我々日本人皆が当事者意識を持ち続けることが、
とても大切だと思っています。

2012年、年男です。
人生もひょっとしたら、折り返し地点かもしれません。
悔いのないよう、毎日精一杯生きて行きます。

一年間、ありがとうございました。
そして来年も、どうぞ宜しくお願いいたします。
心穏やかな新年をお迎えください。


2011.11.16 Wednesday

高い音楽性と低い腰

 先日、Stardust Revue 30th Anniversary Tour に行って来た!
サブタイトル「30年30曲(リクエスト付)」。
Stardust Revue の歴史や写真なども振り返りながら、
各アルバムの曲を選曲する構成。
そして各会場で、
しっとり曲、ノリノリ曲、アカペラ曲のリクエストを募り、
それがステージ上で発表され(メンバーは事前にどの曲が選曲されたかは知らないらしい)、
メンバーがガチで演奏する、という企画もあり。
ライブをやり続けてきたアーティストならでは、やね。

 本当に楽しくて楽しくて、大いに盛り上がり、
見ごたえのある 30年30曲だった。
要さんはじめ、メンバーは本当にプロで、エンターテイナーだ。
要さんは、「ライブは勝って当たり前」ということを言っている。
当たり前、それ以上に、お客さんに喜んでもらえるよう、
精一杯の演奏なり、お客さん参加型の企画であり、
ステージ構成であり、をしないと、
お客さんに失礼だ、という姿勢だ。
本当に最高だったし、一年分くらいの元気をもらった!

 私は、スタレビは、
80年代、90年代の曲をずっと聴いてきたから、
本当に懐かしくて色んなことを思い出しながらのライブだった。
2000年以降は実はアルバムは買っていなくて、
最近予習でいくつかのアルバムをキャッチアップしたところ。
普段は、22、3曲の構成で、3時間のステージを構成している。
今回は30曲なので、4時間弱。
でも長いなんて思うこともなく、
オーディエンスを大切にしてくださっていることが本当によく伝わってくる、
本当に幸せな時間だった。
要さんのノドが心配になるけどね、本当にタフで頭下がります。
演奏が終わる度に、深々と頭を下げる要さんが印象的だった。
「高い音楽性と低い腰」をモットーに活動されているとのことw。

 スタレビは要さんという絶対的なキャラクターがいて、
とてもメロディアスなバラードから、
思わず踊ってしまうブギーなどがあって、
メンバー全員が高いレベルでコーラスができることで、
ライブでもとても厚いスタレビサウンドを聴くことができる。
柿沼さんのベースもすごく特徴的。
要さんも言っているけど、根底にはロックな要素があるんよね。
オーディエンスの年代も20〜60代まで。
男女比はほぼ半々から、女性のほうが少し多かったかな。
それもこれもあの笑いが絶えないMCと、
高い音楽性と低い腰だからだろう!

 ぜひまた行きたいと思っているが、
Tour が終わると、今度は5月に埼玉アリーナで、

STARDUST REVUE 30th Anniversary
オールキャストで大謝恩会〜5時間程度まったりと〜おみやげ付き

というイベントライブがあるらしい。
5時間越えることは間違いないねw。
バンドをやめた三谷さんもゲストで登場するらしい。
これは楽しみ!!!
行けたらいいな〜。








 ハイブリッドとは、WIKIPEDIAによると、「二つ(またはそれ以上)の異質のものを組み合わせ一つの目的を成すもの」を意味する。 これからの残り半分の人生、上機嫌にハイブリッドに生きていこうと宣言するブログ!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代の生き方へ にほんブログ村 IT技術ブログへ


www.flickr.com
Kornelius PhotoStyle's items Go to Kornelius PhotoStyle's photostream

ENTRY TITLE
CATEGORY
ARCHIVE
Twitter ブログパーツ


COMMENT
TRACKBACK
RECOMMEND
太陽のメロディー
太陽のメロディー (JUGEMレビュー »)
今井美樹×小渕健太郎 with 布袋寅泰+黒田俊介
ABOUT
FEED


(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.