<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 今年も確定申告、終わった! | main | 忘れてはいけない >>

2013.06.18 Tuesday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  •  - category(-)
  •  - -
  •  - -
  •  - スポンサードリンク

2011.03.15 Tuesday

地震直後の判断

 地震が発生してから、4日めを迎える。
何から書き出していいか迷走しているが、
でも何か書き残したい、と強く思い始めてきた。

 私は東京在住なので、幸いにも大きな被害はない。
でも今思い出すと、
地震や被害の全容をTV報道などで把握するまでの数時間、
本当に怖かった。
地震について多くのことを知ったのは、
地震発生から数時間後、チビ達を保育園から回収して帰宅してからのことだった。

 地震発生時は仕事場のビルにいた。
数日前にも地震があったので、また来たか、
その程度かと思っていたが、
しばらくしてから大きく揺れはじめた。
これはちょっとこれまでの地震とは違う、
と誰しも思ったと思うが、
私も例外なく、これは「ヤバイ」と思った。
デスクの下に潜り込んで、手が震えながら、
twitter で、「ヤバイ」 と打ったと記憶している。
すぐ側にあったコート掛けが倒れてきたが、難は免れた。

 揺れがおさまった。
私は、関東近辺で起こった地震だと思い、
東京に大きな被害が出ているのではないかと心配になったが、
でもしばらくして、東北を震源とする強い地震であることが分かった。
信じられなかった。
東北震源の地震で、東京がこれほどまでに揺れるなんて、
東北は飛んでもないことになっているのではないか、と。
当然、阪神淡路大震災のことが頭をよぎる。

 余震が続いた。
確か30分後にも大きな揺れが来た。
余震というよりは、別の地震というほうが正しい言い方かもしれない。
私はとにかく情報が欲しかった。
妻に電話したが、当然つながらない。
ひとまずメールは送信したが、すぐに届くことはないだろう。
なので、電話やメールで家族と連絡取る事は、基本的には諦めた。
そんな中でも twitter は使えた。
これは大きな実績として、これから災害対策として、
検討するに十分値すると思う。
家族と連絡取れないが、
twitter のフォロワーさんとは多くのコミュニケーションが取れたことは、
すごく心強かった。

 チビ達が心配だ。
仕事場付近は特に大きな被害はなさそうだが、
阪神淡路でも、数キロの違いで被害に雲泥の差が出たことを思い出す。
きっと無事だとは思うが、
何も行動を起こさなければ、安否が確認できるのは、
いつになるか分らないだろう。

 ネット、twitter、radiko を駆使して、情報を得ようとした。
周りは何事も無かったように、仕事を続ける人もいた。
ちょっと理解しがたい光景だった。
関東でずっと生活してきた人は、実はこれほどまでの大きな地震は経験ないらしい。
どうしていいか分らない、
というよりは、
これからの怖さを分かっていなかった、のだと思う。

 関西人は地震に大して敏感だ!
今思えば、ビルを早くに去って、帰路についた人の多くは、
関西人だったような気もする(私も含めて)。
仕事を続ける人達は、
「今帰っても電車は動いてないから」 といった。
確かにそれは正しいが、
でも彼らの頭のなかには、
いつもの人身事故のように、数時間後には電車は動くだろう、
という考えがあったのではないかな。

 私はその日中は絶対電車は動かないと思った。
根拠はないけど、これも大阪での経験による予測だったのかもしれない。 
地震は午後3時前後。
あと3時間もすれば夜になる。
暗くなってからの行動は危険だ。
最初から歩いて帰ると決め込んで、
余震が少し落ち着くタイミングと、
日没のタイミングと、
徒歩で帰宅する所要時間を計算して、
一番長く仕事場に滞在できるであろう時間まで残った。

 仕事場の連中は、仕事を残して去ることを快く思っていない人もいただろう。
阪神淡路のときは、早朝だったということもあり、
多くの人は家族の安否はすぐに取れた。
でも今回は、日中ということもあり、
妻とも、チビ達とも、みんなバラバラの状態。
だから、めちゃくちゃ不安だったし、怖かった!
仕事場を去って1時間後、保育園に到着。
月に一度、訓練の成果があったと保育士さん。
チビ達は予想に反して冷静だったらしい(いや、訳が分かっていないだけだったかも)。
妻はさらに数時間後、メールで連絡が取れ、
夜の20時頃に帰宅した。

 今回の地震は、
家族を持って、間違いなく最大の危機だった。
でも意外にも冷静に行動できたこと、
色んなことを多角的に判断できたことは、
自分でも及第点は出していいかなと思う。
日頃から考えや知識を整理していただけのことはあったかもしれない。

 ただ、それもこれも全て、
東京は被害が大きくなかったから言えることであって、
東北で壊滅的な被害を受けた方にとっては、
悲しみ、絶望、これから先の見えない復旧活動、
どれもこれも重くのしかかってくる現実だ。
心からお見舞申し上げると共に、
一日も早い復旧と、日常を取り戻せることをお祈り申し上げます。

 この地震に関しては、
色々思うこともあるので、
また書きたい。

 あっ、ひとつ。
地震直後、携帯も含めて東京同士の電話は、ほとんど通じなかった。
電話会社にもよるかもしれないが、
夜になっても、通じなかった。
でも、東京〜大阪間の電話は、全てつながったのだ。
なので、私(東京)→母(大阪)、母(大阪)→妻(東京)
という伝言で、東京にいる夫婦間の連絡を取り合うことができた。
これは次に活かせる経験かもしれない。

 皆さんもぜひご意見をコメント欄に書いていただけると、幸いです。

2013.06.18 Tuesday

スポンサーサイト

  • 01:01
  •  - category(-)
  •  - -
  •  - -
  •  - スポンサードリンク
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
震災支援
震災支援について。
  • 震災支援
  • 2011/03/15 2:29 AM
保育士の求人募集
とっても高待遇な保育士の求人募集の情報です。
  • 保育士の求人募集
  • 2011/03/23 1:02 PM
 ハイブリッドとは、WIKIPEDIAによると、「二つ(またはそれ以上)の異質のものを組み合わせ一つの目的を成すもの」を意味する。 これからの残り半分の人生、上機嫌にハイブリッドに生きていこうと宣言するブログ!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代の生き方へ にほんブログ村 IT技術ブログへ


www.flickr.com
Kornelius PhotoStyle's items Go to Kornelius PhotoStyle's photostream

ENTRY TITLE
CATEGORY
ARCHIVE
Twitter ブログパーツ


COMMENT
TRACKBACK
RECOMMEND
太陽のメロディー
太陽のメロディー (JUGEMレビュー »)
今井美樹×小渕健太郎 with 布袋寅泰+黒田俊介
ABOUT
FEED


(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.