<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< シルバー・ウィーク・スタート | main | 長く続けることの難しさ >>

2013.06.18 Tuesday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  •  - category(-)
  •  - -
  •  - -
  •  - スポンサードリンク

2009.09.24 Thursday

時をかける少女

  今年の夏、細田守監督の「サマーウォーズ」を見て、
評判通り、かなり面白かったというのは、その時のブログに書いたけれど、
細田守監督が一躍その名を有名にさせた作品、

「時をかける少女」

を、GyaO!で観た。無料でした。
いつの間にか、Yahoo動画は、Gyao!に吸収された?吸収した?みたいで、
ビックリしたんやけど、
インターネット業界の移り変わりと、技術の進歩は目覚しい限り。
これもタイムリープだったりして?

 「時をかける少女」 やけど、面白かった。
原作は読んだことないし、えらい昔(私が生まれる前か後かくらい)に、
原田知世の映画が大ヒットしたけど、それも観たこともないし、
その後ドラマ化されたのも観ていない。
実のところ、ストーリーとか全く知らなかった。
知っているのはタイトルと、薬師丸裕子の歌のサビの部分だけ。
今回のアニメ映画が原作にどれほど忠実なのかも分からないけど、
ひとつ言えるのは、面白かった。

 やっぱり絵がいい。
学校や教室、街の背景なんかが、細かく、それだけで見入ってしまうところもある。
タネアカシのところまでは、
主人公のマコトちゃんがひたすら可愛いだけの感じで、
この先どう物語を片付けるんやろう?って、観ながらちょっと不安になり、
評判の高さを少々疑いかけていたが、
Ahーそう来たかー!っていう展開に最後はハマっていた。
いい話やわ、コレ。
起承転結の"転"に当てはまるシーンでは、結構ドキッっとしてしまった。

 私事ではあるけど、
「時間が止まったらいいのに」 とか、
「時間があの時に戻ればいいのに」 とか、あんま思ったことないのよな〜。
後悔のない人生でもないねんけど、
うまく行かなかったら行かなかったで、
次、何か新しいことを見つけて、それに没頭していったような人生。
いや、実はあまり、絶対負けてはいけない戦いはしなかったというか、
失敗というリスクを恐れて、人生を賭けるような飛躍した行動をして来なかった、
というのが、よりフィットしているかな。
結構思い切った、人とは違う行動をしてきたように言われたりするけど、
確かにそういうこともあったんやけど、
実はその裏には、十二分のリサーチと準備をしているわけで、
何も知らずそこへ飛び込んだ、ということではないのよね。

 話は少しズレたが、
あえて繰り返すと、日本のアニメはスゴい。
こういう、ちょっとアニメにしてしまうと話がボケて、チャチくなってしまいがちな素材の作品を、
サラリとやってのける、
日本アニメの作品層の厚さを証明する作品だったと思う。
細田守監督、次回作をかなり期待してしまう。
その期待を裏切らないのは至難の技やけど、
あっさりとこの2作品を越えるモノをつくってくれそう。



2013.06.18 Tuesday

スポンサーサイト

  • 13:50
  •  - category(-)
  •  - -
  •  - -
  •  - スポンサードリンク
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
 ハイブリッドとは、WIKIPEDIAによると、「二つ(またはそれ以上)の異質のものを組み合わせ一つの目的を成すもの」を意味する。 これからの残り半分の人生、上機嫌にハイブリッドに生きていこうと宣言するブログ!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代の生き方へ にほんブログ村 IT技術ブログへ


www.flickr.com
Kornelius PhotoStyle's items Go to Kornelius PhotoStyle's photostream

ENTRY TITLE
CATEGORY
ARCHIVE
Twitter ブログパーツ


COMMENT
TRACKBACK
RECOMMEND
太陽のメロディー
太陽のメロディー (JUGEMレビュー »)
今井美樹×小渕健太郎 with 布袋寅泰+黒田俊介
ABOUT
FEED


(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.